2019年06月11日

とうかさんで一首!

ここで一首!

[浴衣着た 前の彼女と親友が 見ないふりして 足早に去り]by 鵺野鳴夜

先週末は 広島の浴衣の着始めで 広島の夏を告げる
とうかさんが ありました

とうかさんで一首!

今年は とうかさんが始まって400年

浅野氏が広島城に入城してからも 400年

そうなんです 浅野氏が 広島に来られた年に

とうかさんの 寺 圓隆寺が創建され 以来 とうかさんが行われるようになったんですね

さて この短歌 前の彼女が とうかさんに浴衣を着て来ている あれ? 隣の浴衣の男は 昨日飯を食べた大親友

別に別れたから いいけど でも なんか イヤ…

みたいな フィクションの短歌です


同じカテゴリー(俳句 短歌)の記事画像
ススキの穂
おみなえし
栗の釜飯
今年は サンマ不漁?
火垂るの墓
中国新聞に載りました 2019
同じカテゴリー(俳句 短歌)の記事
 ススキの穂 (2019-10-19 22:11)
 おみなえし (2019-10-17 23:24)
 栗の釜飯 (2019-10-05 22:40)
 今年は サンマ不漁? (2019-10-03 00:08)
 火垂るの墓 (2019-09-02 16:55)
 中国新聞に載りました 2019 (2019-08-29 00:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。