2019年03月08日

激戦地!ラバウル

ここで 一首!

[ラバウルで 生きて還(かえ)りし 兄なれど 鬼籍(きせき)に入る 春惜月(はるおしみづき)]
by 鵺野鳴夜

この短歌は 僕のお知り合いの 当時80代の女性から
お兄様が 昭和21年3月に 激戦地 ラバウル(パプアニューギニア)から やっと 日本に還って来たのに
マラリアを発祥し 還って間もなく 桜の時期に亡くなったと話されました

春惜月は 3月の別名

せっかく ラバウルから生きて還って来たのに
鬼籍に入る(亡くなるなんて) 3月になると兄を思い出して涙する そんな意味で詠みました

ラバウルといえば 【ゲゲゲの鬼太郎】の
漫画家 水木しげる

激戦地!ラバウル

ラバウルに出征し 左腕を失った場所でもありますが 実は 今日 3月8日は 水木しげるの誕生日

生きていらしたら 97歳になってらっしゃいました

そんな 水木しげるが ラバウルから 日本に帰還したのが 昭和21年3月 奇しくも 誕生月

ですから 僕のお知り合いの女性のお兄様が 還ったのも昭和21年3月

もしかしたら 同じ船だったかもしれませんが

水木先生は その後 お元気で活躍されましたが
還って来たのに 亡くなる人もいる

二度とこんな時代が来ないことを願うばかりです


同じカテゴリー(俳句 短歌)の記事画像
ブランコは いつの季語?
平成最後の満月!
名探偵コナンで 一首!
春あした とは?
侘助椿
戦国武将の家紋
同じカテゴリー(俳句 短歌)の記事
 ブランコは いつの季語? (2019-04-23 13:55)
 平成最後の満月! (2019-04-20 23:33)
 名探偵コナンで 一首! (2019-04-16 17:41)
 春あした とは? (2019-04-08 22:37)
 侘助椿 (2019-04-01 14:50)
 戦国武将の家紋 (2019-03-28 17:12)

この記事へのコメント
駆逐艦白雪に乗ってた家内の父親はここから輸送船の護衛に出動して

翌朝撃沈されましたが33人目の犠牲者にはならずに済みました。
Posted by johjoh at 2019年03月14日 17:20
johさん そうだったんですね
また 戦争について 聞いたことがあったら教えてください
Posted by メトロ!メトロ! at 2019年03月14日 18:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。