2018年12月09日

大雪(たいせつ)で一句

ここで 一句

[足しげく 通う茶店(さてん)の窓に雪] by 鵺野鳴夜




一昨日 12月7日 は 二十四節気の1つ

大雪(たいせつ)でした

読んで字のごとし 大雪(おおゆき)が降るぐらい寒くなる時期ですが 本当に 寒くなりましたよね

馴染みの喫茶店の窓に雪が降り積もる そんなイメージで詠みました


同じカテゴリー(俳句 短歌)の記事画像
バレンタイン川柳
樹木希林さんの言葉
浅野氏広島城入城400年!
嵐の絆
淡雪や… この鳥 一体何の鳥?
平成最後の 天皇陛下の歌会始
同じカテゴリー(俳句 短歌)の記事
 バレンタイン川柳 (2019-02-14 22:12)
 樹木希林さんの言葉 (2019-02-07 12:21)
 浅野氏広島城入城400年! (2019-02-04 12:31)
 嵐の絆 (2019-01-28 12:49)
 淡雪や… この鳥 一体何の鳥? (2019-01-20 14:39)
 平成最後の 天皇陛下の歌会始 (2019-01-18 02:02)

この記事へのコメント
「蛍の光窓の雪」ですねエ。

この景色 なかなか撮れないです~。
Posted by johjoh at 2018年12月24日 16:57
確かに 蛍雪は なかなか とれないですね(((^_^;)
Posted by メトロ!メトロ! at 2018年12月25日 08:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。