2019年10月19日

ススキの穂

ここで一句!

[揺れ動く 僕の気持ちと芒(すすき)の穂]by鵺野鳴夜




秋って なんとなく センチメンタルな 句を詠んでしまいますが 別に 病んでないですよ(笑)  


Posted by メトロ! at 22:11Comments(0)俳句 短歌

2019年10月17日

おみなえし

さて 秋といえば 秋の七草



春の七草は 食べられますが 秋の七草は 食べられませんが 飾るのが 秋の七草なので カラフルな
のが 多いですが

秋の七草は こちら




この中から 女郎花(おみなえし)で 一首

[遊郭(ゆうかく)に 売りし娘の 亡骸(なきがら)に 侘びる心に咲く 女郎花(おみなえし)]by 鵺野鳴夜

女郎とは 昔の遊郭の女性 遊女のこと

遊女より美しい花 そんな意味で 女郎花の漢字が当てはめられました

昔は お金のために 娘を 遊郭に売る 父親がいて

ある者は No.1 遊郭になり ある者は 病気で亡くなり また ある者は 遊郭を逃げ出すも 見つかり
連れ戻され 制裁をうける

お金のために売った娘に 先立たれた 父親が 娘の亡骸に侘びる

女郎花の別名は 思い草ですから 泣き娘への思いと
おみなえしの漢字から 女郎になった娘を 重ねて
この短歌を詠みました

ちなみに johさんの 野草と季節の表情ブログ

2012年8月11日に 女郎花取り上げられていますよ
是非 遊びに行ってみてください
  


Posted by メトロ! at 23:24Comments(2)俳句 短歌

2019年10月05日

栗の釜飯

秋は 食欲の秋 秋の味覚たくさんありますね



その中から 栗で一首!

[姑(はは)が逝き 栗の釜飯炊いてみる 何か足りぬは 少なき おこげ]by 鵺野鳴夜

これは 嫁が 姑を偲ぶ内容

姑が亡くなり 姑がよく炊いていた 栗の釜飯を炊くも 何か物足りない 姑のは おこげが 多かったな

まだまだ 姑には叶わない  


Posted by メトロ! at 22:40Comments(0)俳句 短歌

2019年10月03日

今年は サンマ不漁?

ここで 一首!

[さんま食べ 急に無口になる君の 次の言葉と 小骨気になる]by 鵺野鳴夜

やはり 秋の味覚と言えば 秋刀魚ですよね



今年は 不漁だそうですが

この短歌は 好きな人と食事

サンマを食べて 会話が途切れ 次何を言うんだろうと 気になり さらに 小骨 喉に大丈夫かな?と気になる

まあ 好きな人の事は 何でも気になる

そんな 恋の短歌です
  


Posted by メトロ! at 00:08Comments(0)俳句 短歌

2019年09月02日

火垂るの墓

ここで1首![ホタル消え 戦(いくさ)は 消えず 節子消ゆ]


終戦から1週間 昭和20年8月22日 一人の少女が
亡くなります

その少女の名前は 節子 14歳の兄 清太と 戦時下の
神戸を肩寄せ合いながら 生きますが 栄養失調の果てに 小さな生命は消えます

それから 1ヶ月後 9月22日 兄 清太もまた 電車の中で 亡くなりました

戦争の悲惨さを描いた アニメ映画の名作

【火垂るの墓】











  


Posted by メトロ! at 16:55Comments(0)俳句 短歌

2019年08月29日

中国新聞に載りました 2019

ここで 平和の短歌

[心無い 言葉でまたも 傷付きし 涙で濡れる 原爆手帳]by 鵺野鳴夜

原爆手帳を持っていると 医療費が ただになる為
病院で 原爆手帳を出した時に

持ってない 患者から

(あんたええね 医療費ただなんじゃろ? うちら ようけ 払うとるのに 原爆に遭うただけで ただになるなんて 結構な身分よね うちも 原爆に遭や よかった)

と 言われたと ある 被爆者の方が言っていて
ただでさえ 原爆で 心も身体も傷付いているのに
心無い言葉で またも 傷付く そんな 哀しみを詠みました

8月7日の 中国新聞 8.6ドキュメントの
午前4時のところに この短歌を 載せていただきました




  


Posted by メトロ! at 00:08Comments(0)俳句 短歌

2019年08月27日

中国新聞に載りました 2018

ここで一句![祖母逝きて 孫が伝えし 原爆忌]鵺野鳴夜

昨年 中国新聞に 載せて頂きました



  


Posted by メトロ! at 17:10Comments(0)俳句 短歌

2019年08月06日

令和最初の 広島原爆の日

今日は 74回目 そして 令和初の 広島の原爆の日でした



そこで 一句!

[炎熱に 一掬(いっきく)の涙 ドーム前]by 鵺野鳴夜

一掬の涙とは 少ない涙と たくさんの涙 異なる両方 の意味を持つ言葉 で

今年も 多くの人が ドーム前で 大粒の涙を流す人
さらに 一粒の涙を流す人

でも 今年は 式典の途中から どしゃ降りになり
涼しい式典になりました
  


Posted by メトロ! at 23:57Comments(0)俳句 短歌

2019年08月05日

2019年 原爆の日2

明日 8月6日は 74回目の 広島原爆の日です

ここで 一首! [お母様 水 とつぶやき 逝きし子の 声がするよな 八月六日]by 鵺野鳴夜

原爆ドームの近くに 噴水がありますが



原爆で 水と言えば 水 水~と 焼けただれて倒れている人が言ったので 水を 与えると 死んでしまう…

生命を救うための水なのに 水を与えると死んでしまう 原爆の恐ろしさ

冒頭の短歌は 我が子が 水を欲しがりながら
亡くなった 母の慟哭の思いを詠みました
  


Posted by メトロ! at 18:23Comments(0)俳句 短歌

2019年08月04日

2019年 原爆の日

ここで一首!

[小さきは 父の遺骨と 赤児(あかご)の手 八月六日 生まれ逝く者]by鵺野鳴夜

間もなく 74回目の 広島の原爆の日を迎えます



原爆の落ちたあの日 多くの人が亡くなりましたが
あの日 逆に 生まれた命もありました

そんな 原爆の日の生と死を 小さき遺骨と 赤ちゃんの手と対比させて詠みました  


Posted by メトロ! at 13:11Comments(0)俳句 短歌