2019年02月14日

バレンタイン川柳

今日は 平成最後の バレンタインデーですね

そこで こんな川柳を

[チョコ1つ 日付が変わる ギリギリ(義理義理)に]
by 鵺野鳴夜


バレンタインデー に チョコを貰えなかったなと
思っていたら 日付が変わる直前に 義理チョコを1つゲットした 男の哀愁を詠みました

で 僕は 今年は お知り合いから 猫のチョコを頂きました






  


Posted by メトロ! at 22:12Comments(0)俳句 短歌

2019年02月07日

樹木希林さんの言葉

今日の朝日新聞 に

昨年亡くなった 樹木希林さんの言葉が 載っていました 俳句や短歌では ありませんが

病と向きあい最後まで現役を貫いた 樹木希林さんの メッセージ あなたは どんな風に感じるでしょうか?


  


Posted by メトロ! at 12:21Comments(0)俳句 短歌

2019年02月04日

浅野氏広島城入城400年!

今年は 広島は 節目の年を迎えます

元和5年(1619)8月8日に 浅野長晟【あさの・ながあきら】が 広島城に入城

すなわち 浅野氏が 広島藩主となった訳です

そこで こんな短歌を

[浅野氏が 広島城に夏に居(す)み 四百年の時代(とき)は 流るる]by 鵺野鳴夜

2月8日から 浅野氏入城400年を祝して4月7日まで
広島城が 光輝く チームラボによる 光の祭が開催されます



それを前に 広島城がテスト点灯で 鮮やかに 光っています









これは 外からですが 本番では お金を払って 広島城に入ると 驚くような 幻想的な光に包まれるようなので もしかしたら 次に 広島城で 光の祭典が行われるのは 50年後か100年後

これは 見といた方がええね

さらに 現在 浅野家12代の歴史と
広島出身初の総理大臣 加藤友三郎の歩みが書かれた カレンダーが 送料含め700円で 発売中です

光の祭を前に 予習してみては?





  


Posted by メトロ! at 12:31Comments(0)俳句 短歌

2019年01月28日

嵐の絆

今年デビュー20周年を迎える 嵐



2020年いっぱいで 活動休止

そんな 嵐に こんな 詩を贈ります

[やすむ] by 鵺野鳴夜

【やすむ=休む 漢字で書くと 人が木陰で ひとやすみ [大]きな[野]原に [桜]と[松] [相]異なる [二]つの木があれば その[葉]の下で [本]など読んで
やすめばきっと 平[和] [也(な)]り

やすんだら [翔(と)]んで 走って また会って
気付けば 心 [潤(うるお)]って】  


Posted by メトロ! at 12:49Comments(0)俳句 短歌

2019年01月20日

淡雪や… この鳥 一体何の鳥?

ここで一句!

[淡雪は 逢わぬ二人に降るものぞ]by 鵺野鳴夜

今日1月20日は 24節気の1つ 大寒です

そこで 淡 と 逢わぬ をかけて こんな俳句を詠んでみましたが

淡雪で インターネットで画像を探したら こんなのか出てきました



淡雪と 鳥 この鳥 何の鳥だろう?  


Posted by メトロ! at 14:39Comments(0)俳句 短歌

2019年01月18日

平成最後の 天皇陛下の歌会始

先日 平成最後となる 歌会始が行われ

天皇陛下と美智子様にとっては 最後の 御出席となりました



陛下は 阪神大震災の復興のシンボル ひまわりを題材に

[贈られし ひまはりの種は 生え揃ひ 葉を広げゆく初夏の光に ]

とお詠みになられました



みなさんは 陛下の御歌 どんな風に感じますか?  


Posted by メトロ! at 02:02Comments(0)俳句 短歌

2019年01月10日

兼高かおる世界の旅

ここで 一首!

[世界中 旅に恋して 幾年(いくとせ)か 君は 撫子
かおる あの丘] by 鵺野鳴夜

今年最初の訃報が 旅行ジャーナリスト

兼高かおる(90) さんの訃報



インドと日本人のハーフとして生まれ

TBSのテレビ【兼高かおる世界の旅】で 世界各国を 飛び回り まだ 日本で知られていなかった 国を紹介し 旅への憧れを いざなってくれました

生涯 独身 まさに 旅に恋した生涯

そんな 兼高さんの 下の名前 かおる と
やまとなでしこを かけて こんな短歌を詠みました

撫子は 秋の季語で 亡くなったのは 冬ですが

世界中で 美しい 大和撫子として 世界をも 虜にした 兼高かおるさんに ピッタリかなと思い 追悼の御歌を捧げました

御冥福をお祈り致します
  


Posted by メトロ! at 14:07Comments(0)俳句 短歌

2019年01月07日

被災地の冬

1月6日は 小寒 すなわち 寒の入り 一気に寒くなります

ちょうど この日は 西日本豪雨から 半年を迎えました

ここで 一首!

[寒の入り 肩を寄せ合う 被災地で 口ずさむのは ふるさとのうた]by 鵺野鳴夜



被災地に 襲い掛かる 寒気 帰りたくても帰れない
近くて 遠い ふるさと…

うさぎ追いし かの山… 忘れがたき ふるさと…

1月20日は 大寒だそうです

被災者の皆様 お風邪などひかれず 御自愛下さいませ  


Posted by メトロ! at 22:44Comments(0)俳句 短歌

2019年01月04日

薪ストーブの暖かさ

昨年末 お知り合いの方の 三次の別荘に 呼んでいただいたんですが そこのお宅に 薪ストーブがあったんですが




いや 薪ストーブって 想像以上に 暖かいですね

そんな 薪ストーブを見て 浮かんだ 短歌を一首!

[いつぞやの 道を教えてくれた人 暖炉の温(ぬく)み家族の手紙]by 鵺野鳴夜

優しさ あたたかさをテーマに

道を訊ねたら わざわざ 目的地まで連れてきた いつかの若者

そして 暖炉のあたたかさ

しかし何より あたたかいのは 家族からの手紙

そんな意味で 新年 ほっこりした気持ちになる
あたたかな 短歌を詠んでみました


  


Posted by メトロ! at 00:39Comments(0)俳句 短歌

2019年01月01日

平成最後の謹賀新年

みなさん 明けましておめでとうございます




今年最初の短歌を一首!

[なみなみと注ぐ 祝いの コップ酒 謹賀新年 寝てる君かな]by 鵺野鳴夜

平成最後の元日 すっかり出来上がって寝ちまってるよ そんな意味です  


Posted by メトロ! at 00:01Comments(2)俳句 短歌